わかりやすい日本語を書くために
語句と文字の選び方

助数詞の使い方、数字の表記基準

日本語ではこの助数詞が非常に発達していて約500種類もの数が存在していますが、今日では意識される事が少なくなりつつあります。
昔は助数詞が正しく使えることが教養のバロメーターとして使われていました。しかし、最近はこのような詳細な知識に昔ほどおもきがおかれることがなくなっています。タンスや羊羹を一本、二本、カニやイカを一匹、二匹と数えても特に問題はありません。確かにタンスや羊羹を一棹、二棹、イカやカニを一杯、二杯と数えるといった知識を持っているにこしたことはありません。しかし、蝶々を一頭、二頭となると専門家でもない限り違和感を感じるのではないでしょうか。
細長いもの:「本」
薄いもの:「枚」
それ以外:「個」
鳥:羽
虫:匹
小型動物:匹
大型動物:頭
例外として
書籍:冊
洋服:着
靴、靴下:足
箸:膳
耐久消費財:台
家・建物:軒、戸、棟
が使い分けられれば問題はなさそうです。