わかりやすい日本語を書くために
良い文章とは

はじめに

小学校の頃から国語が苦手だった、という人は多いのではないでしょうか。小学校時代、中学校時代は、教師との相性で好きな科目、嫌いな科目が決まる傾向がありますが、中学校に上がった頃は苦手だった科目も、高校に入る頃にはずいぶん得意になっていたといった経験を持つ人も多いと思います。しかし、日本人でありながら、国語ばかりは上達しなかった。大学入試も国語が一番点数が悪かった国語の点数が一番悪かった、と昔を思い出す理系の人がいるのではないでしょうか。
 国語は、文系の科目と考えられがちです。しかし、ある会社の社内調査によると、エンジニアの仕事の 30% 以上はものを書くことであったとのことです。そういえば、学校でも実験のレポートや卒論など、 理系であっても、より的確で明快な文章を書かなければならない、といった体験をされているのではないでしょうか。
 国語は、日本語です。母語が日本語である以上、それなりに文章を書くこともできるし、話すこともできます。しかし、自分が書いた文章は、本当に他人から見て読みやすいのでしょうか。読みやすい文章とは何なのか。こんな悩みを解決するために本書が企画されました。文章を書くことは特別 難しいことではありません。ほんの少しだけ読み手のことを考えてあげればいいのです。そんな心配りができれば、すぐに分かりやすい文章を書くことができるようになります。少しずつ、そして確実に文章力を付けていきましょう。