わかりやすい日本語を書くために
日本語特有の曖昧表現

受け身、尊敬、可能、自発表現の混同による曖昧さ

日本語には同じ言葉ですが、示している内容が異なるものがあります。その代表が助動詞です。
助動詞と呼ばれるグループに「は、
れる・られる・せる・させる・ない・ぬ(ん)・う・よう・まい・たい・たがる・た(だ)・ます・そうだ・らしい・ようだ・だ・です
の18語があります。この助動詞は

(1)意味による分類…添える助動詞によって、どのような意味・働きになるかで分類する。
使役・受身・可能・尊敬・自発・使役・丁寧・希望・打ち消し・断定・過去・完了・推定・存続・確認・推量 ・意志・打ち消し推量・打ち消し意志・比況・例示・伝聞・様態・丁寧な断定

(2)活用による分類…以下のような活用によって分類する。
動詞型活用(五段型・下一段型)・形容詞型活用・形容動詞型活用・特殊型活用・無変化型活用

(3)接続による分類…助動詞がどのような単語、またはその単語のどのような活用形に接続するかで分類する。
活用語の未然形・連用形・終止形・連体形に接続するもののように分類され、意味・活用・接続を助動詞の三要素といいます。
この中でもよく使われるものが、「れる・られる、せる・させる」でしょう。
「れる」、「られる」は、受け身、尊敬、可能、自発という4つ表現で同じ形を取ります。
「受け身」とは、「(〜によって)〜される」という意味。
「可能」とは、「〜できる」という意味。
「尊敬」とは、「〜なさる」という意味。
「自発」とは自然に起こること。つまり、無意識にしてしまうこと。

例えば、

明日は会社に出られますか

と書かれると、尊敬表現とも受け取れますし、可能表現とも取れます。

・明日は会社においでになりますか
・明日は会社に出ることができますか

のように表現することで、尊敬表現なのか、可能表現なのかをはっきりと区別 できるようになります。
もう一つ例を紹介しましょう。

パンを売られた方は係員まで連絡ください

どのように受け取られたでしょうか。
パンを売ったのでしょうか、それとも売りつけられたのでしょうか。

これは尊敬表現とも、受け身表現とも取れます。このような曖昧さをできるだけ文章から排除しなければなりません。「れる」、「られる」が登場しましたので、今日本語の世界で問題となっている「ら」抜き表現についても合わせて考えてみましょう。ら抜き表現とは、「食べる」のような下一段活用動詞や、「見る」のような上一段活用動詞、「来る」のようなカ行変格活用動詞に「られる」を続けるときに「食べれる」、「見れる」、「来れる」と「ら」を抜いて表現するものです。「ら抜き言葉」ともいいまが、これらの言葉は、「食べられる」、「見られる」、「来られる」と表現するのが正しい表現法です。同じように、「い」抜き表現にも注意したいものです。「い」抜き表現とは、「話している」とするところを「話してる」のように「い」を抜いて表現するものです。「い抜き言葉」ともいいますが、「い」抜き表現は、口語では一般 に使用されており違和感がないので特に注意してください。
言葉は変化するものです。その変化が合理的であればそう変化するべきだという意見もあります。「ら抜き」表現によって、可能・受け身/敬語の区別 がつくようになるし、日本語特有の曖昧さがなくなるということを考えると、近い将来現在問題とされている「ら」抜き表現も正しい表現法として認知されるかもしれません。ある意味、「ら抜き」表現は非常に合理的な変化であり、これは次世代の"正 しい"日本語となるべきだ、と考えられなくもありませんが、急に導入されて、同じ日本語で もバージョンによって意志の疎通が難しくなる(互換性がなくなる)のも困ります。ですので、このような考え、意見があるということを承知した上で、今はまだ、「ら」抜き表現、「い」抜き表現は避けたいものです。それは、「られる」という助動詞が、もともとは敬語と同一視されていたという歴史的経緯があり、ら抜き表現は一つの敬語の喪失とも考えられからです。